Skip to main content

ロータリー青少年交換

Skip to main content

異文化を理解し、国境を越えた友情と信頼を築く機会をもたらすことで、世界の平和を少しずつ実現できると私たちは信じています

世界100カ国以上で実施されているロータリー青少年交換は、ロータリークラブによる支援の下、15~19歳の学生が海外に滞在し、言語や文化を学びながら、海外に友人をつくり、世界市民としての自覚を養うことのできるプログラムです。

ロータリー青少年交換でできること

青少年交換でいろいろな可能性が広がります。

  • 自分で考え、率先して行動する力を育てる
  • 外国語や異文化を学ぶ
  • 海外の若者と交流し、友だちをつくる
  • グローバルな市民になる

交換の期間

海外で1年間を過ごす長期交換では、複数のホストファミリー宅に滞在しながら、現地の学校に通います。

数日間から数カ月間までの短期交換は、夏休みや春休みの期間中に行われます。多くの場合ホストファミリー宅に滞在しますが、世界中の交換留学生たちと合宿やツアーに参加することもあります。

参加費用

宿泊と食事代、学費はロータリーが負担します。そのほかの費用は地区やクラブによって異なりますが、通常、以下の費用を学生が負担します。

  • 往復航空券
  • 旅行保険
  • 旅券とビザにかかる費用)
  • 小遣い/追加の旅行やツアーに参加する場合の費用

申請方法

交換学生となるにふさわしい地元の15~19歳の学生が対象です。交換留学の機会があるかどうか、どのように申請できるかは、地元のロータリークラブに直接ご連絡ください。

最寄りのロータリークラブに連絡

交換留学生のホストファミリーとなることに関心のある方へ

海外からの留学生のホストファミリーとなれば、自宅にいながら国際交流ができ、家族みんなにとって貴重な経験となるでしょう。ホストファミリーは、留学生に個室と食事を提供するだけでなく、家族の一員として受け入れ、地元の行事に一緒にでかけたり、文化体験をさせてあげるなど、留学生にとって非常に大切な存在となります。ホストファミリーの審査は慎重に行われ、選ばれたファミリーには研修が提供されます。

ホストファミリーとなることについてのご質問は、最寄りのロータリークラブにお問い合わせください

 

  • 「ブラジルでの1年間、私は祖国オーストラリア、家族、そしてロータリーの代表という大切な役目を務め、身が引き締まる思いでした」

     

  • 「以前は知らない人と話せませんでしたが、今では堂々と話すことができます。自分から知らない人に話しかけたり、心を開いて人と接することができるようになり、人間的に成長しました」

    ヴァルダ・シャーさん、インドからの元青少年交換留学生

  • 「50年を経てもなお、当時のクラスメートやホストファミリーと会えることは、本当に素晴らしいことです。ロータリー青少年交換を通じて、貴重なチャンスをいただき、素晴らしい体験ができました。ありがとうございます」

    関本洋子さん、日本からの元青少年交換留学生