Skip to main content

ロータリー地域社会共同隊(RCC)

Skip to main content

「自分たちの町を、自分たちの力でより良くしたい」と考えている人は意外と多いもの。ロータリー地域社会共同隊では、ロータリークラブ会員ではない人たちが、自分たちで計画したボランティア活動やクラブとの協力を通じて、地元に変化をもたらしています。

現在、世界90カ国以上に8,500を超えるRCCがあります。先進国、発展途上国を問わず、RCCはロータリークラブのある町で活動しています。

RCCでできること

RCCへの参加を通じて、地元の人たちと一緒に地元のニーズを考え、地域に貢献できます。

RCCへの参加方法

RCCはロータリークラブがスポンサー(提唱者)となって結成されます。地元にRCCがあるかどうかは、最寄りのロータリークラブに直接お問い合わせください。地元にRCCがない場合、新しいRCCを結成できるかどうか、地元ロータリークラブの会長に相談してみましょう。RCCで広がる可能性についてこちらをご覧ください。.

RCCの提唱方法(ロータリークラブ向け情報)

RCCの提唱を通じて、地元のニーズや問題を解決するために行動するチャンスを地元の人たちに与えることができます。結成書式に記入の上、国際ロータリーにEメールでお送りください

RCCの結成方法

ロータリーと一緒に活動することに関心のある人がいれば、どこでもRCCを結成できます。以下は結成のガイドラインです。

  • 地元の人たちが協力して地域調査を行い、地元が抱えるニーズをつきとめる。
  • 地元のロータリークラブとどう協力できるかを、クラブとともに検討する。
  • RCCメンバーを募集する。まずは少人数の中心メンバーを集める。地元の民間団体や非営利団体は、メンバーを探すのに適している。
  • • 最寄りの地域のロータリー関係者の支援が必要な場合には、当方までご連絡ください

RCCのちから

「RCCは草の根の活動です。町の大切な一部であり、地元の人たちが直接参加できるすばらしい機会です。地元のニーズを的確にとらえ、“自分たちの力で、自分たちのために”活動するところに意義があります。活動の結果が自分たちの生活に影響するので、メンバーたちは、持続可能な成果をもたらそうと一生懸命に活動します。RCCとの協力は、ロータリーの補助金で末永い成果を確実にする方法でもあります」

ロン・デナム、水と衛生のロータリアン行動グループ創設者