Skip to main content

ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)

Skip to main content

リーダーシップを発揮したい、自分の可能性を広げたい、世界を変えたい……。

そんな考えを実現するための第一歩となるのが、「ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)」です。ロータリークラブまたは地区が実施するこのプログラムで、若い人たちが新しい友人をつくり、楽しみながらリーダーシップのスキルを磨いています。

RYLAでできること

地元で活躍する人や豊かな経験をもつ人たちと一緒に:

  • コミュニケーションや問題解決のスキルを磨く
  • 学校や地元地域で活躍できるリーダーとなる方法を発見する
  • 地元を動かすリーダーによる指導、意欲を高めるような講演、仲間との交流を通じた学び
  • 自分の可能性を発見し、行動へとつなげる
  • 楽しみながら、生涯続く友情を培う

RYLAの内容

RYLAのイベントは、14〜30歳までを対象として、地元ロータリークラブや地区によって開催されます。地元のニーズに応じて、1日のセミナーから数日間の合宿まで、さまざまな形式が取られます。最も多いのは、さまざまなトピックのプレゼンテーション、アクティビティ、ワークショップなどを含む、3〜10日にわたるイベントです。

参加対象はそれぞれのイベントによって異なります。リーダーシップの力を引き出すことを目的とした中学生対象のイベントから、創造性のある問題解決力を養う大学生対象のイベント、ビジネス倫理について学ぶ若い社会人対象のイベントなどがあります。

参加方法

地元ロータリークラブがRYLAの参加者を推薦します。地域で実施されるRYLAイベントの情報、参加申し込み方法、参加費用等は、最寄りのロータリークラブに直接お問い合わせください

インターアクト、ローターアクト、ロータリー青少年交換の現・元参加者RYLAにとって、RYLAはロータリーと再びつながるチャンスです。ロータリーのプログラムで身につけたリーダーシップスキルをさらに磨きたい方、プログラムの先輩として後輩の指導をしてくださる方は、ぜひ、地元または国際的なRYLAイベントにご出席ください。

RYLAイベントの実施に関心のある方へ

ロータリーのリーダーシップ養成プログラムを通じて次世代のリーダーを育成しませんか。RYLAは奉仕志向のリーダーとしての可能性を引き出すだけでなく、地域のリーダーとしてのロータリークラブの影響力を再発見するきっかけともなります。

イベント実施方法についてはこちらをご覧ください。