Skip to main content

ロータリーのリーダー

豊かな経験と知識をもつロータリーのリーダーは、倫理や奉仕などの価値観を大切にするロータリー会員を代表しています

多様な国や職業のメンバーから成るロータリーのリーダーが、方針の決定、リソースの配分、全世界のスタッフの管理、ロータリー戦略計画の実施など、ロータリーの運営をサポートしています。

  • 国際ロータリー会長

    国際ロータリー会長は、1年任期で毎年選ばれ、理事会の議長を務めます。

    会長の紹介

    1992年にロータリー入会。ロータリーの財務長、理事、モデレーター、各種委員会の委員や委員長、規定審議会代表議員、ゾーンコーディネーター、研修リーダー地区ガバナー、2019年ハンブルグ国際大会ホスト組織委員会の共同委員長を歴任。現在は恒久基金/大口寄付アドバイザーを務める。

    会長の略歴

    国際ロータリー理事会

  • ロータリー財団管理委員長

    ロータリー財団管理委員長は、管理委員会により1年任期で毎年選ばれます。

    管理委員長の紹介

    21歳でロータリーに入会した第三世代のロータリアン。2015-16年度RI会長として「ロータリー グローバル リワード」プログラムを導入したほか、ロータリアン約9000名とともにバチカン市国でのフランシスコ・ローマ法王による特別ミサに出席。

    世界中にクライアントをもつ企業で、国内外での受賞経験がある株式上場企業プリントケアPLC社の創始者兼CEO。

    ロータリー財団管理委員会

今年度の委員会: 今年度の国際ロータリー委員会今年度のロータリー財団委員会

エグゼクティブスタッフ

エグゼクティブスタッフは、米国エバンストンの世界本部をはじめ、東京、ニューデリー、プネ、シドニー、サンパウロ、ソウル、チューリッヒの各支局における会員サービス、プログラム、財務、テクノロジー、開発、コミュニケーション、戦略、法務の各部門を監督しています。

エグゼクティブスタッフの略歴

シニア職員の紹介

国際事務局シニアスタッフの紹介はこちら

理事会

理事会は、国際ロータリーの方針を定め、クラブ発展のための指針を提供します。毎年、ロータリー国際大会でクラブによって理事が選出され、各理事は2年の任期を務めます。

理事の略歴

最近の理事会決定

理事会会合の予定

管理委員会

管理委員会は、ロータリーの慈善部門であるロータリー財団の業務を管理します。国際ロータリー次期会長が管理委員を指名し、理事会が正式に選出します。管理委員は4年の任期を務めます。

管理委員の略歴

最近の管理委員会決定

管理委員会会合の予定

地域リーダー

ロータリー財団地域コーディネーター(RRFC)、ロータリーコーディネーター(RC)、ロータリー公共イメージコーディネーター(RPIC)、恒久基金/大口寄付アドバイザー(EMGA)は、ロータリー会員に情報やアドバイスを提供し、会員の活動を成功へと導きます。これらの地域リーダーは、国際ロータリー次期会長またはロータリー財団次期管理委員長によって任命されます。

ロータリー会員を支援する地域リーダーの役割について