Skip to main content

国際ロータリー理事会

理事会は、国際ロータリーの方針を定め、クラブ発展のための指針を提供します。2年任期を務める理事は、毎年ロータリー国際大会でクラブによって選ばれます。

  • イアン・ライズリー

    2017-2018年度会長
    Sandringhamロータリークラブ所属
    オーストラリア(ビクトリア州)

    公認会計士。1976年に自身が設立したIan Riseley & Co.の社長。同社設立以前は、大手会計事務所や企業の監査および経営コンサルティング部門に勤務。

    会長の略歴

    毎月の会長メッセージ

  • バリー・ラシン

    2017-18年度会長エレクト
    East Nassauロータリークラブ所属
    バハマ(ニュープロビデンス島)

    フロリダ大学で保健・病院運営のMBAを取得し、医療教育機関であるAmerican College of Healthcare Executivesでバハマ初の特別研究員となりました。院長として37年間務めた医療機関Doctors Hospital Health Systemを最近退職し、現在は顧問を務めています。全米病院協会の生涯会員で、Quality Council of the Bahamas、Health Education Council、Employer’s Confederationなど複数の団体の理事・委員長も務めました。

    会長エレクトの略歴全文はこちら

  • ディーン・ロース

    2017-2018年度副会長
    Langley Centralロータリークラブ所属
    カナダ(ブリティッシュコロンビア州)

    道路工事資材を販売するRhide Technologies Inc.経営者。以前、ケープタウン(南アフリカ)でクリスチャン・バーナード医師率いる心臓移植チームに看護師として従事。

    1959年から1990年まで、南アフリカの赤十字社で活発に活動。ブリティッシュコロンビア州のWest End Seniors' Network、およびマラウイの女学校の元理事。

    1989年にロータリークラブ入会。ロータリーコーディネーター、ロータリー財団地域コーディネーター、地区ガバナーなどを歴任。

    ロータリー財団ベネファクター、メジャードナー、遺贈友の会会員。夫のレインホールドさん共々ポール・ハリス・フェロー。

  • ミカエル・アルベリ

    2017-2018年度財務長
    Ölands Södraロータリークラブ所属
    スウェーデン

    経営管理コンサルタント会社の社長。ビジネスと経営管理のコーチとしての資格を持つ。地域社会に深くかかわり、複数の地元団体の理事や理事長を務める。

    1993年ロータリークラブ入会。RI会長代理、委員会委員、ロータリーコーディネーター補佐、RI研修リーダー、地区ガバナーを歴任。

    ロータリー財団ベネファクター。

  • ジェラール・アロノー

    2016-2018年度理事
    Parthenayロータリークラブ所属
    フランス(ドゥー-セーブル県)

    経済と経営学の大学教授。ポワティエ経営大学院の元カリキュラムディレクター。ポワティエ大学の元経営管理学部長。

    1990年にロータリークラブ入会。RI研修リーダー、ゾーンコーディネーター、地区ガバナーを歴任。

    ポール・ハリス・フェロー、ロータリー財団ベネファクター。

  • ホルヘ・アウフランク

    2016-2018年度理事
    Guatemala Surロータリークラブ所属<
    グアテマラ

    化学エンジニア。2001年以来、Corporación Instatec SAの取締役。以前はDupont中米支部との提携による化学的作物保護ジョイントベンチャーの代表取締役社長。

    RI会長代理、委員会委員長、ロータリー財団地域コーディネーター、規定審議会代表議員、第21Aゾーン研究会委員長、RI研修リーダー、地区ガバナーを歴任。

    デボラ夫人とともにメジャードナー、ロータリー財団ベネファクター。ロータリー財団功労表彰状の受賞者。

  • バスカー・チョカリンガム

    2017-19年度理事
    Karurロータリークラブ所属
    インド、タミルナドゥ州

    タミルナドゥ州のTata Steel社の卸売り販売業者、VNCの業務執行役員。小規模産業の成長に貢献したことが認められ、1986年、州政府から「Best Small-Scale Entrepreneur Award(最優秀小規模起業家賞)」を受賞。

    産業グループやスポーツ団体での重要職を歴任したほか、特定分野での卓越した活動や社会への奉仕を称える数々の賞も受賞。

    1998年にロータリーに入会、ロータリーコーディネーター、委員会委員、地区ガバナーを歴任。ロータリー財団べネファクター、メジャードナーであるほか、財団功労表彰状を受賞。

  • コーネリユ・ディンカ

    2016-2018年度理事
    Craiovaロータリークラブ所属
    ルーマニア

    1994年よりSC Trust Consult SRL社マーケティングマネージャー。経済/地域開発と戦略計画の博士号を持つ。

    ルーマニアの貿易・観光庁の対外貿易顧問を務めた経験をもち、各種欧州統合プログラムの専門家として活躍。ルーマニア、ドルジュ県のルーマニア・マーケティング協会創設者。

    1997年にロータリークラブ入会。クラブ会長、地区委員長、RI会長代理、地域コーディネーター、GETS研修リーダー、地区ガバナーを歴任。「平和のためのロータリアン行動グループ」の理事。

    ポール・ハリス・フェロー。第2241地区ロータリー財団賞と国際ロータリー職業奉仕リーダーシップ賞を受賞。

  • ジェームス・ロナルド・フェリル

    2017-18年度理事
    Martinsvilleロータリークラブ所属
    米国、バージニア州

    さまざまなエンジニアリングや管理の役職を務めたDuPont社に33年間勤務し、退職。現在は、いくつかの宗教、市民、地域奉仕活動に従事。

    1967年にロータリーに入会。RI会長代理、規定審議会代表議員、ロータリー財団地域コーディネーター、地区ガバナーを歴任したほか、研究グループ交換チームリーダーとして韓国を訪問。

    ロータリー財団功労表彰状、特別功労賞、RI超我の奉仕賞を受賞。ポール・ハリス・ソサエティ・メンバー、財団べネファクター、メジャードナー。

  • ピーター・イブラー

    2017-19年度理事
    Nürnberg-Reichswaldロータリークラブ所属
    ドイツ

    独立系病院コンサルタントとしての仕事を退職。ニュルンベルクの医療グループの業務執行役員、Bavarian Civil Servant Universityの講師、フュルト市のビジネス開発リーダー、バーゼル市やミュンヘン市のコンサルティング会社CEOを歴任。

    1990年にロータリーに入会。RI会長代理、ロータリーコーディネーター、規定審議会代表議員、RI研修リーダー、地区ガバナー、地区職業奉仕委員長を歴任。

    マルチプル・ポール・ハリス・フェロー、ポール・ハリス・ソサエティ会員。

  • 石黒慶一

    2017-19年度理事
    鶴岡西ロータリークラブ所属
    日本、山形県

    敬愛会・石黒歯科・矯正歯科法人理事長。日本歯科医師会代議員会副議長、幹事、山形県歯科医師会理事、会長、顧問を歴任、現在は鶴岡市総合計画審議会会長も務める。2014年、歯科保健衛生の功績が称えられ、旭日章を受賞。

    1985年にロータリーに入会。RI会長代理、委員会委員、小委員会委員長、規定審議会代表議員、RI研修リーダー、地区ガバナー、地区ロータリー財団委員長を歴任。

    マルチプル・ポール・ハリス・フェロー、べネファクター。

  • ロバート C. ニュプファ―・ジュニア

    2017-19年度理事
    Chicagoロータリークラブ所属
    米国、イリノイ州

    国際的法律事務所、ベーカー&マッケンジーで企業活動のシニアパートナーを務め、退職。現在は、特殊化学薬品会社であるHallstar社の株主、理事会幹事、人材管理と法務部の上級副社長。

    1982年にロータリーに入会。RI会長代理、委員会委員、規定審議会代表議員、地区ガバナーを歴任。1989年にRotary/One財団のチェスリー R. ペリー・フェローとなったほか、2005年のロータリー100周年度にRotary/Oneのクラブ会長を務めた。

    ナンシー夫人とともにポール・ハリス・フェロー、べネファクター、遺贈友の会会員

  • ジョン C. マシューズ

    2017-19年度理事
    Mercer Islandロータリークラブ所属
    米国、ワシントン州

    会員制倉庫型卸売のコストコ・ホールセールの上級副社長を25年間務めたほか、米国海軍の補給部隊で20年間、中佐として活躍。

    シアトル商工会議所、ワシントン大学ボセル校諮問理事会、マーサーアイランド長老派教会、ロータリー・ファーストハーベスト、NW Reinsuranceといった民間企業・地域団体の役職を務める。

    1988年にロータリーに入会。RI会長代理、委員会委員、RI研修リーダー、ロータリー研究会招集者、地区ガバナーを歴任。

    メアリー・エレン夫人とともに、ポール・ハリス・フェロー、メジャードナー、アーチ・クランフ・ソサエティ、遺贈友の会会員。夫妻で「ジョン&メアリー・エレン・マシューズ・ロータリー平和フェローシップ基金」を設立。

  • 文銀洙

    2017-19年度理事
    Cheonan-Dosolロータリークラブ所属
    韓国、忠清南道

    歯科医。Cheonan Moon Dental Hospital、HAN-A Medical Foundationの最高執行責任者であるほか、韓国のいくつかの団体で理事や委員長を務める。

    RI会長代理、RI研修リーダー、ロータリーコーディネーター、ロータリーコーディネーター補佐、ロータリアン行動グループ委員会委員、地区ガバナーを歴任。/p>

    夫人とともに、アーチ・クランフ・ソサエティ会員。RI超我の奉仕賞、ロータリー財団特別功労賞、功労表彰状を受賞。  

  • 斎藤直美

    2016-2018年度理事
    豊田ロータリークラブ所属
    日本(愛知県)

    医療法人豊寿会斉藤病院名誉理事長。医学博士、整形外科医。

    1979年ロータリークラブ入会。NPO法人日本青少年交換委員会理事長、RI青少年交換委員、地区ガバナーなど歴任。

    ロータリー財団ベネファクター、メジャードナー。ポール・ハリス・フェロー、ポール・ハリス・ソサエティ会員。

  • ブライアン A. E. ストイエル

    2017-19年度理事
    Saltashロータリークラブ所属
    英国、コーンウォール

    音楽教師を務めた後、スラウやニューバリーで学校長を歴任。その後、英国内で勉強する留学生の世話を行う教育コンサルタント業を開始。

    1981年にロータリーに入会、国際ロータリー・グレートブリテンおよびアイルランドの会長、RI会長代理、委員会委員や委員長、地区ガバナーを歴任。タンザニアで活動する「マラリアをなくすためのロータリアン行動グループ」の創設者であり、Jaipur Limbプロジェクトの管理委員。

    地区ガバナーとして、ガンビアの僻村にある学校の設備を改善するプロジェクトを先導したほか、ルーマニア、タンザニア、ガーナ、ブルガリア、ウガンダ、マラウィ、ベナンにおけるローターアクトのプロジェクトも実施。マキシン夫人とともに、マルチプル・ポール・ハリス・フェロー、べネファクター、メジャードナー、遺贈友の会会員。

  • ノエル J. トレヴァスキス

    2016-2018年度理事
    Begaロータリークラブ所属
    オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

    農産業(主に販売とマーケティング)におけるキャリアを最近退職。オーストラリア国立大学の精神保健リサーチセンターの研究者への元アドバイザー。精神疾患に対する偏見をなくすための貢献が称えられ、オーストラリア勲章を受勲。

    1996年ロータリークラブ入会。ロータリーコーディネーター、ロータリー会員増強地域コーディネーター、会員増強委員長および委員、地区ガバナーを歴任。また、Australian Rotary Healthの委員長と委員を務めた経験もある。

    超我の奉仕賞を受賞。メジャードナーおよびポール・ハリス・フェロー。

  • グレゴリー F. ヤンク

    2017-19年度理事
    O’Fallonロータリークラブ所属
    米国、イリノイ州

    医療管理・リーダーシップの分野で25年の職歴があり、病院やカトリック系の医療ネットワークの最高責任者を歴任。Alternative Boardというビジネスコーチングや類似業種間の諮問機関を11年間運営。現在は、6つの小・中企業事業主の指導にあたるほか、ビジネスコーチング、戦略、ビジネスの円滑化、戦略的ガバナンス、理事会の発展・教育を専門とするGY Consulting and Facilitationのプリンシパルを務める。

    Metro East Park and Recreation Districtのコミッショナー、セントルイスのニールセン・ヘルスケアグループの諮問委員会メンバー、オファロン・シロー商工会議所理事ならびに同会議所戦略計画委員会委員長を務めるなど、地域社会で活発に活動。

    1978年にロータリーに入会。第30・31ゾーンのロータリー研究会委員長、RI研修リーダー、地区ガバナーを歴任。ロータリーのプロジェクトで、マラウィ、エクアドル、インド、ベリーズを訪問。RI超我の奉仕賞を受賞したほか、キャサリン夫人とともにメジャードナー、アーチ・クランフ・ソサエティ、ポール・ハリス・ソサエティ、遺贈友の会会員。

  • パウロ・オグスト・ザナージ

    2017-19年度理事
    Curitiba-Cidade Industrialロータリークラブ所属
    ブラジル、パラナ州

    1984年より、運送会社「Zalog Operadora Logística」ならびに地球物理学を専門とする会社「WS do Brasil Inovações Tecnológicas Ltda」のディレクター。

    1988年にロータリーに入会。RI会長代理、ゾーンコーディネーター、ロータリー財団学友コーディネーター、全国ポリオプラス・アドバイザー(ブラジル)、ロータリー財団地域コーディネーター、規定審議会代表議員、RI研修リーダー、地区ガバナーを歴任。

    財団功労表彰状ならびに特別功労賞を受賞。ルリー夫人とともに、べネファクター、メジャードナー。

  • ジョン・ヒューコ

    事務総長

    Kyiv ロータリークラブ所属

    ウクライナ

    国際ロータリーとロータリー財団事務総長。2004年から2009年にかけて、世界最貧国への対外援助を行うために2004年に設立された米国政府機関、ミレニアム・チャレンジ公社の副社長として活躍。

    ツイッター:@johnhewko
    フェイスブック:ヒューコ事務総長のページ