Skip to main content

『Rotary』誌2021年写真コンテスト

直接の出会いが制限される中、レンズを通してつながりを築く

コロナ禍に見舞われたこの1年間は、写真家にとっても厳しいときとなり、旅行計画の変更や中止を余儀なくされました。この影響は『Rotary』誌の2021年写真コンテストへの応募状況にも表れています。多くの写真が自宅の近くや、ときには裏庭のような場所で撮影されていました。また、旅行が制限される前に撮影された写真もありました。今回は花びらや飛ぶ鳥などのクローズアップに挑戦した写真もあり、多くはコロナ禍による世界や日常生活の変化を捉えていました。その一方で、ロータリアンならではの楽観主義を反映してか、希望、喜び、シンプルな美しさを表現した写真も多く見られました。

今回のコンテストの審査においては、構図の要素としての色の使い方、白黒画像のトーンの度合い、構図の強さと技術の高度さが着目されました。ただし、高度な技術が何らかの目的を果たしていなければなりません。「際立つ写真とは、目が釘づけになり、何らかの感情を効果的に呼び起こすもの」だと審査員を務めた写真ジャーナリストは話します。

ここに掲載されている受賞作品や佳作に加えて、『Rotary』誌では今後1年間、読者の皆さまから寄せられた写真を掲載していきます。


 

第1位

撮影者:Hansruedi Frutiger
Gombakロータリークラブ(マレーシア、クアラルンプール)
撮影場所:Yuanyang County(中国雲南省)


 

第2位

撮影者:Luca Venturi
Siena Estロータリークラブ(イタリア)
撮影場所:シエナ(イタリア)


第3位

撮影者:Randy Nickerson
Oshawaロータリークラブ(カナダ、オンタリオ州)
撮影場所:Longsheng County(中国)


佳作

 

  1. 撮影者:In-Hyuk Song、Daegu-Dongshinロータリークラブ(韓国)、撮影場所:大邱(韓国)

  2. 撮影者:Krysia Mager、Bataviaロータリークラブ(米国ニューヨーク州)、撮影場所:モントレー(米国カリフォルニア州)

  3. 撮影者:Ting Yu Yu(ロータリアンYi-Cheng Chen氏の配偶者)、Taipei Asia Linkロータリークラブ(台湾)、撮影場所:Miaoli County(台湾)

  4. 撮影者:M A Taher、Sonargaon Dhakaロータリークラブ(バングラデシュ)、撮影場所:ソーナールガーオン(バングラデシュ)

  5. 撮影者:Luke Stango、Jacksonロータリークラブ(米国ニュージャージー州)、撮影場所:ハバナ(キューバ)

  6. 撮影者:Beate Rosalie Holzwarth、Bad Dürkheimロータリークラブ(ドイツ)、撮影場所:タンザニア北部

  7. 撮影者:Rick Rogoway、Clackamasロータリークラブ(米国オレゴン州)、撮影場所:サンリバー(米国オレゴン州)

  8. 撮影者:Geetanjali Dhar、E-ConnectロータリーEクラブ(インド)、撮影場所:Mechuka Valley(インド)

  9. 撮影者:Steve Begnoche、Ludingtonロータリークラブ(米国ミシガン州)、撮影場所:ラディントン(米国ミシガン州)

次回の写真コンテスト

次回の『Rotary』誌写真コンテストへの応募期間は10月1日~12月15日となります。
詳しくはrotary.org/en/enter-2022-rotary-magazine-photo-awards(英語)をご覧ください。

本稿は「Rotary」誌2021年6月号に掲載されました。


 関連コンテンツ

2020年の受賞作品

2019年の受賞作品

直接の出会いが制限される中、レンズを通してつながりを築く