Skip to main content

予防接種に関する国際ロータリーとロータリー財団の見解表明 

Skip to main content

ロータリーは、子どもたちへの一斉予防接種を通じて「ポリオのない世界」を実現するというビジョンを初めて描いた団体として、予防接種をするという決断は人道的に必要不可欠であると考えています。国際ロータリー理事会とロータリー財団管理委員会は、次のことを信じています:

  1. 全世界における予防接種こそが、新型コロナウイルスの世界的流行を終息させるための方法です。私たちは、会員を含め、すべての人に対して予防接種を強く奨励します。
  2. 誤情報が新型コロナウイルスとの闘いを妨げています。私たちは、科学に基づく情報を会員に提供することに力を注いでいます。
  3. ロータリーは、すべての人がワクチンに公平にアクセスできるよう取り組んでいます。私たちは、GAVIワクチンアライアンスとの共同の取り組みを通じて、ポリオ根絶活動における前線での活動を生かし、ワクチン配布を促進しています。
  4. ロータリーは、救命医療を提供している各地の医療従事者に敬意を表します。私たちは、各クラブが地元でこれらの英雄を称え、勇気と意欲を与えることを奨励します。
  5. ロータリーでは、新型コロナウイルス感染症の予防とワクチン接種を支援する取り組みを倍増させるよう、ロータリークラブとローターアクトクラブに奨励しています。
  6. 現代医学の最大の進歩の一つであるワクチンは、安全で効果があり、毎年数百万人もの命を救っています。ポリオ、天然痘、はしか、エボラ出血熱といった数々の疾病の根絶や抑制においてワクチンが役割を果たしており、現在、予防接種を通じて新型コロナウイルスの世界的流行を終わらせる機会が訪れています。
  7. ポリオの根絶は、今もロータリーの最優先目標です。私たちは、ポリオとの闘いで学んだことを新型コロナウイルス対応に生かすために貢献できます。
ロータリーは、子どもたちへの一斉予防接種を通じて「ポリオのない世界」を実現するというビジョンを初めて描いた団体として、予防接種をするという決断は人道的に必要不可欠であると考えています。