Skip to main content

平和フェローシップ

修士号取得プログラム

修士号取得プログラムの申請資格

申請者は学業において優れた成績を残し、関連分野の学士号および平和と開発の分野における職歴を有していることが望まれます。さらに、平和と紛争解決に対する熱意を実証し、多くの文献を読みディスカッションに参加する能力、および多国籍の同期生との共同活動に積極的に参加する能力が必要とされます。プログラム修了後には、学業の成果と経験を進んで共有し、同じ地域の平和フェローとの連絡を保ちつづけ、ロータリー会員との強い関係を維持することが求められます。

申請資格

修士号取得プログラムの申請者は以下の要件を満たしている必要があります:

  • 英語に堪能であること
  • 学士号を保有していること
  • 個人的活動や社会奉仕活動を通して、または学問上、職務上の実績を通して、国際理解と平和への専心を実証していること
  • リーダーシップの素質を有していること
  • 平和あるいは開発の分野において少なくとも3年のフルタイムの職歴を有していること

ロータリーの正会員およびロータリークラブ、国際ロータリー、その他のロータリー団体の職員は申請資格がありません

専門能力開発修了証プログラムを修了したロータリー平和フェローが修士号取得プログラムを申請する場合、修了証プログラムの終了から3年が経過している必要があります。

詳しくは申請の制約事項をご参照ください。

フェローシップの構成要素

  1. 学業

    研究に基づく理論および平和・開発のアプローチを習得

  2. 実地研修

    各自が計画する2~3カ月の実地体験を通じて実践的スキルを習得

  3. ネットワーキング

    学術界、平和活動者、ロータリー会員との世界的なネットワークを拡大

  4. ワークショップシリーズ

    平和構築と開発における専門的スキルを習得

  5. 卒業前セミナー

    修士論文の研究成果を発表

修士号取得プログラムのフェローシップ受領者は自国にあるロータリー平和センターを選択できない場合があります。

修士号取得プログラムの提携大学

デューク大学およびノースカロライナ大学チャペルヒル校(米国、ノースカロライナ州)  (概要資料)

デューク大学では国際開発政策の修士課程、ノースカロライナ大学チャペルヒル校では国際平和と紛争解決の卒業証書コースが提供されています。

国際基督教大学(日本、東京) (概要資料)

国際基督教大学(ICU)のアーツ・サイエンス研究科は、学際的なプログラムと一般教養的アプローチで知られています。フェローは、公共政策・社会研究専攻科で平和研究の修士号取得をめざします。

ブラッドフォード大学(英国、ブラッドフォード)  (概要資料)

同大学の平和研究学部は世界最大を誇り、平和、紛争、安全保障、開発と関連する複数の修士号プログラムを提供しています。

クイーンズランド大学(オーストラリア、ブリズベーン) (概要資料)

平和フェローは、国際研究、平和、紛争解決分野の修士号取得をめざします。

ウプサラ大学(スウェーデン、ウプサラ)  (概要資料)

同大学の平和・紛争研究学部では、社会科学の修士号を取得できます。同学部は、全世界で無償利用できる紛争関連のデータ収集プログラムで知られています。

申請を希望する方へ

修士号取得プログラムが自分に適していると思う方は、申請資格をチェックしてみましょう

申請資格をチェック

平和フェロー体験談:ローレン・コファーロさん

パート1: ブラッドフォード大学(英国)でのロータリー平和フェローに選ばれるまで

パート2:英国での生活とブラッドフォード大学での学業について

パート3:グアテマラでの実地研修とノーベル賞受賞者との出会い