Skip to main content

平和フェローシップ

専門能力開発修了証プログラム

専門能力開発修了証プログラムの申請資格

申請者は、平和と開発の分野におけるリーダーシップを実証し、関連分野において少なくとも5年の職歴を有していることが望まれます。候補者は、このプログラムが提供される地域で平和と開発を推進することを目的とする社会変革イニシアチブのアイデアを携えてプログラムに参加する必要があります。また、フェローシップでの経験とそこで築くネットワークが平和構築をいかに促進し、自身がもたらすインパクトを高めることになるかについて、明確なビジョンを備えているべきです。このプログラムは現役の職業人を対象としており、11週間の現地での参加が必要となります。プログラム終了後は、その経験と仕事を平和構築のために生かし、地域の平和フェローと連絡を取り、ロータリー会員と強固なつながりを維持する必要があります。

申請資格 

申請者は以下の要件を満たしている必要があります:

  • 英語に堪能であること
  • 学士号を保有していること
  • 平和あるいは開発の分野において少なくとも5年のフルタイムの職歴を有していること(詳しくはこちら
  • 個人的活動や社会奉仕活動を通して、または学問上、職務上の実績を通して、国際理解と平和への専心を実証していること
  • リーダーシップのスキルを実証していること
  • 平和推進における自身の計画がロータリーの使命とどう一致するかを説明できること
  • (マケレレ大学を希望する申請者)アフリカの出身である、アフリカでの仕事経験がある、またはアフリカの地域社会で活動たことがある、またはアフリカ大陸外でのアフリカ関連の取り組みに関わったことがあること 

申請者は、前回の学位取得プログラム(学士課程または大学院)の修了からフェローシップの開始予定日までの間に、最低3年間の期間が空いている必要があります。現在、学士課程または大学院に在籍している人は申請資格がありません。 

修士号取得プログラムまたはグローバル補助金奨学金を修了したロータリー平和フェローが専門能力開発修了証プログラムを申請する場合、修士号取得プログラムまたは奨学金の終了から3年が経過している必要があります。

ロータリーでは、障がいのある方やその他の多様な背景を持った方からの申請を奨励しています。必要に応じて、障がいのある方々のための適切な手配を行います。

ロータリーの正会員、あるいはロータリークラブ、国際ロータリー、その他のロータリー団体の職員は申請資格がありません

*ロータリークラブ会員となっていない(二重会員ではない)ローターアクトクラブ会員は、申請資格があります。

詳しくは申請の制約事項をご参照ください。

フェローシップの構成要素

  1. オンライン準備コース

    プログラム開始:2週間のオンライン準備コース

  2. 大学でのコース

    実地研究を含む大学での10週間のコース

  3. 社会変革イニシアチブ

    インタラクティブなオンラインセッションを含む9カ月の社会変革イニシアチブ

  4. 修了前セミナー

    プログラム終了:大学での1週間の修了前セミナー(次期生と重なる)

提携大学

チュラロンコーン大学(タイ、バンコク)概要資料

世界とアジア太平洋地域に焦点を当てた理論と実践をバランスよく取り上げた学際的プログラムで、専門家による講義や世界から集まるフェローの多様な経験から学ぶことのできるコースです。

*チュラロンコーン大学(タイ)での専門能力開発修了証プログラムでは現在、ロータリー財団と大学によるプログラムの評価が行われているため、2023年には申請書を受け付けておりません。 

マケレレ大学(ウガンダ、カンパラ) (概要資料)

アフリカ出身者、アフリカでの職務経験がある人、アフリカの地域社会で活動したことがある人、またはアフリカ大陸以外のアフリカ関連の取り組みに携わったことのある人を対象とし、積極的平和を通じて社会を変革するたの方策に影響を与えたり、行動を起こすための方策を学ぶことのできるコースです。

申請を希望する方へ

専門能力開発修了証プログラムが自分に適していると思う方は、申請資格をチェックしてみましょう