Skip to main content

経済平和研究所


「平和」とは暴力の欠如のみではなく、すべての人に正義が守られる社会を築くことを意味します。


ロータリーは、平和の指標に関する研究で国際的に著名な機関、経済平和研究所とのパートナーシップを結びました。このパートナーシップは、紛争の根源的な原因に取り組み、平和を育むための土台を築くことを目的としています。 

同研究所は「積極的平和(Positive Peace)」へと至るための8つの要素を特定しました:

  1. 腐敗/汚職のレベルが低いこと
  2. 他者の人権を受け入れること
  3. 情報の流通が自由に行われること
  4. ビジネス環境が良好であること
  5. 人的資本のレベルが高いこと
  6. 資源が公平に配分されること
  7. 隣国との関係が良好であること
  8. 政府が十分に機能していること

積極的平和の考え方に基づくロータリーのプログラムは、世界平和に対して計り知れない貢献を果たすでしょう


世界平和研究所 創設者・所長

ロータリーによる平和への道

ロータリーの最大の強さは、共通の目標に向けて人びとの結束を促し、地域社会で草の根のプロジェクトを実施できることです。

積極的平和を目指して持続可能な活動を立ち上げ、 リソースを投入していくことを目的に、ロータリーと経済平和研究所が以下を共同開発しました:

  • ロータリー積極的平和アカデミー:争いの根源的原因を解決するために平和構築の新手法を使い、地域の人びとの参加を促す方法を学ぶことのできる無料のオンラインコース。アカデミーはこちら
  • 積極的平和(Positive Peace)のガイド(コンフェレンス・ワークショップ用):地元の人びとの積極的平和への関心を高め、ディスカッションを促すためにロータリアンが使用できる研修用資料(ダウンロード可能)。
  • クラブ用:進行役用ガイドクラブ用プレゼンテーション

    地区大会用:進行役用ガイドプレゼンテーション

  • 積極的平和に関するワークショップと地域社会のプログラム:

    グローバル補助金を受けて、今までに3カ国で大規模な積極的平和ワークショップが開催されました。

    1回目のワークショップは、2016年9月にウガンダのカンパラで開かれました。「ウガンダに積極的平和を」と題したこのワークショップでは、経済平和研究所が掲げる「積極的平和」のための8つの要素について、国内全域から集まったローターアクターが研修に参加しました。研修後、参加者には、新たに学んだスキルをそれぞれの地元で活かし、地元のニーズに取り組む奉仕プロジェクトを実施するという課題が与えられました。

    メキシコ(2017年と2019年):近年、メキシコでは高い犯罪率が問題となっていますが、同国での平和実現の可能性は高いとされています。2019年にメキシコで実施された試験的ワークショップでは、ロータリーとローターアクターが、地元の新しいリーダーや専門家とともに、同国での「積極的平和」とロータリーの平和構築活動を推進するネットワークづくりに取り組みました。

    コロンビア(2019年):2016年のコロンビア平和協定の署名により、世界で最も長期にわたった武力紛争に終止符が打たれ、持続可能な平和の構築に向けたプロセスが開始されました。試験的ワークショップを通じて、ロータリアンとローターアクターが、そのネットワークを活かして草の根レベルで「積極的平和」の実現を目指すとともに、重要な関係者の参加を促すことで平和プロセスの形成を支援します。

    これらのワークショップの成功と影響を受け、ロータリーと経済平和研究所は、ロータリアンがそれぞれの地元で活用できるツールを作成しました。このツールキットは、ロータリアンが地元の地域住民に積極的平和について教育したり、平和に向けた地域の連立を構築したり、または会話を通じて積極的平和の観点からロータリーの活動を理解し向上させたりする際の指針となるものです。

    このツールキットは現在ダウンロード可能です。

  • 積極的平和推進者:

    ロータリーと経済平和研究所はパートナーシップを結び、ロータリアンの平和構築活動を支援しています。具体的には、ロータリーの6つの重点分野における草の根活動が、積極的平和、ならびに長期的に持続可能な平和の構築に貢献していることを評価しています。積極的平和プロジェクトの取り組みをサポートし、枠組みをより明確にするために、ロータリーは積極的平和推進者プログラムを作成しました。

    2020~2023年に、世界中の6つの地域(米国およびカナダ、中南米、アジア太平洋、サブサハラアフリカおよび南アフリカ、中東および北アフリカ[MENA]、欧州)で、新たに150名の積極的平和推進者が研修・訓練を受ける予定です。

    積極的平和推進者には、ロータリアン、ロータリー平和フェロー、ローターアクター、その他のロータリー関係者が含まれます。彼らは審査を経て選出され、平和構築に向けて積極的に取り組んでいます。

    積極的平和推進者と交流するには、次のような方法があります。

    • 積極的平和推進者に、地区リソースネットワークに参加してもらいます。
    • 積極的平和の枠組みについて学ぶことに興味を示しているクラブに、積極的平和推進者を招待してワークショップやプレゼンテーションを行うよう促します。
    • 地区全体としてイベントを開催してもよいでしょう。大規模なイベントを通じて、自分のクラブに積極的平和の枠組みを推進できます。積極的平和のワークショップ、研修、プロジェクトに費やす時間や実行力、参加者が十分にあることを確認したうえで、各関係団体の専門家やボランティアの参加を検討してください。
    • 対人イベントが開催できない場合は、これらのイベントのいずれかをオンラインまたは仮想空間で開催することを検討してください。

ロータリーと経済平和研究所のパートナーシップに関する詳細と参加方法は、ロータリーと経済平和研究所のパートナーシップ担当コーディネーターまでお問い合わせください。