Skip to main content

経済平和研究所


「平和」とは暴力の欠如のみではなく、すべての人のために正義が守られる社会を築くことを意味します。


ロータリーは、平和の指標に関する研究で国際的に著名な機関、経済平和研究所とのパートナーシップを結びました。このパートナーシップは、紛争の根源的な原因に取り組み、平和を育むための土台を築くことを目的としています。 

同研究所は「積極的平和(Positive Peace)」へと至るための8つの要素を特定しました:

  1. 腐敗/汚職のレベルが低いこと
  2. 他者の人権を受け入れること
  3. 情報の流通が自由に行われること
  4. ビジネス環境が良好であること
  5. 人的資本のレベルが高いこと
  6. 資源が公平に配分されること
  7. 隣国との関係が良好であること
  8. 政府が十分に機能していること

積極的平和の考え方に基づくロータリーのプログラムは、世界平和に対して計り知れない貢献を果たすでしょう


世界平和研究所 創設者・所長

平和を促進するためにできること

ロータリーの大きな強みの一つは、共通の目標に向かって人びとの力を結集し、地元の地域社会でプロジェクトを立ち上げることができることです。

ともに行動し、積極的平和(Positive Peace)を築き、維持することができます。そのための方法を以下にご紹介します。

Rotary Positive Peace Academy(ロータリー積極的平和アカデミー)に参加する:争いの根源的原因を解決するために平和構築の新手法を使い、地元の人びとの参加を促す方法を学ぶことのできる無料のオンラインコースを活用しましょう。

地元で積極的平和について話し合う機会を設ける:積極的平和に関する対話を促進し、地元の人たちの参加を促すために、クラブや地区の会員を対象とした直接対面式の研修を開催しましょう。進行役の手引きプレゼンテーション(英語)をご参照ください。

積極的平和のワークショップを開催する:地域社会で積極的平和に関する対話集会を計画しましょう。積極的平和の知識を共に深め、学んだことに基づいて地域社会のニーズに対応する方法を特定します。ロータリーと経済平和研究所は、1日のフォーラムや数日間のセミナーなど、平和推進のためのイベントを計画し、開催するための手引き(英語)を作成しました。この手引きは、ウガンダ、メキシコ、コロンビアで行われたグローバル補助金による大規模な積極的平和のワークショップを基にしています。このワークショップ「Mexico and Colombia Positive Peace Workshops」のインパクトについては、こちら(英語)をご覧ください。

Positive Peace Activator(積極的平和アクティベーター)と連携して活動する:積極的平和プロジェクトをサポートし、枠組みをより明確にするために、ロータリーはPositive Peace Activator Program(積極的平和アクティベータープログラム)を立ち上げました。このプログラムでは、平和構築へのコミットメントを有する世界各地のロータリアン、平和フェロー、ローターアクター、その他のロータリー関係者が、直接対面式の研修や地域社会でのワークショップの開催を支援することができます。関心のある方はご連絡ください

お問い合わせ:ロータリーと経済平和研究所のパートナーシップ担当コーディネーター