Skip to main content

計画寄付について

計画寄付は、ロータリーのプログラムを継続的に支援できるご寄付です。寄付が行われるように設定することも可能です。税制上の優遇措置は国により異なります。

寄付の機会

遺産計画にロータリー財団への寄付を盛り込むのが、計画寄付の最も一般的なかたちです。世界中で利用可能なものには以下の種類があります。

  • 遺言を通じた寄付
  • 公益信託を通じた寄付
  • 保険受取人の指定を通じた寄付
  • 退職プラン資産またはそのほかの金融口座を通じた寄付

寄付を計画する

そのほかの情報

財団に計画寄付を行うことをお考えの方は、地区財団委員長またはRI日本事務局財団室(03-5439-5805)にお問い合わせいただくか、世界本部の担当職員にEメール(planned.giving@rotary.org)でご連絡ください。

なお、ロータリー財団の米国納税者番号は、36-3245072です。

ご自分にどの寄付の方法が適しているかを判断するにあたっては、弁護士、会計士などの専門家とご相談ください。ロータリー財団は、法律面・金融面でのアドバイスを提供できませんので、ご了承ください。

リソースと参考資料

ロータリーからのサポート