Skip to main content

ロータリーが被災者を支援

ハリケーンや地震などの災害が各地で発生する中、各地のロータリークラブが被災地域で支援活動にあたっています。

ご寄付の方法

ロータリー財団は、ハリケーンと地震の被災者のための寄付を受け付ける3つの使途推奨冠名基金を設置しました。

メキシコ地震
アカウント名:Mexico Earthquake Recovery Fund
アカウント番号:613

ハリケーン「ハービー」
アカウント名:Gulf Coast Disaster Relief Fund
アカウント番号:608

ハリケーン「イルマ」と「マリア」
アカウント名:Hurricane Emergency Relief Fund
アカウント番号:296

ご寄付は小切手、銀行振込、クレジットカードでのオンライン寄付で受け付けています。ご寄付の際に上記のアカウント名とアカウント番号をご明記ください。クレジットカードでのご寄付の領収証をご希望の場合は、住所欄のボックスに印をつけて住所をお知らせください。 

詳しいご寄付方法はこちらをご覧ください(英語)

「財団が世界中から寄付を募り、地元のクラブが迅速に救援活動にあたる。これこそロータリーの力です」と、アーリントン・ロータリークラブ(米国テキサス州)会員のドン・メーバスさんは話します。

強大な地震が発生したメキシコでは、建物や高速道路が破壊され、何百人もの犠牲者が出ました。ハリケーン「ハービー」「イルマ」「マリア」による壊滅的な被害は、復興に数十億かかると推定されています。

シエラレオネ、バングラデシュ、インド、ネパールでは、集中豪雨と土砂崩れによって大きな被害が出ています。

ロータリーのパートナー組織であるシェルターボックスも、これらの災害で避難生活を余儀なくされた家族に支援を提供しています。

支援方法はrelief@rotary.orgまでお問い合わせください。クラブによる被災地支援活動については、ロータリー アイデア応援サイトをご覧ください。