Skip to main content

ロータリー財団に13年連続で最高評価

記事

ロータリー財団はこの度、米国の慈善団体を評価する独立評価機関であるチャリティナビゲーターより、13年連続で最高の4つ星評価を受けました。

今回の4つ星は、ロータリー財団が部門別のベストプラクティスを実践し、財務的に効率のよい方法でその使命を遂行したこと、また、財務健全性、説明責任、透明性へのコミットメントを示したことが評価されたものです。チャリティナビゲーターが評価する団体のうち、13年連続で4つ星評価を獲得した団体は、全体の1パーセントにすぎません。

チャリティナビゲーターの会長兼CEOのマイケル・サッチャー氏は次のように述べています。「この功績と4つ星評価により、貴財団のファンドレイジングと広報活動によい影響がもたらされるでしょう」

チャリティナビゲーターによる評価では、寄付の活用、プログラムとサービスの維持、健全なガバナンスと開放性などが審査されます。

2020年12月16日

ロータリー財団について